気になる離婚の財産分与の相場とは

離婚の際に、夫婦生活の間に築き上げた財産をそれぞれに分けるのが所謂財産分与です。しかし、一口に財産と言っても現金預金から株式等の有価証券、家屋や土地等の不動産からその中の家財道具、生命保険等の各種保険からその解約返戻金等実に多種多様です。だからこそ対象になる財産を見逃してしまい夫婦のどちらかが、あるいは双方が貰える筈の財産を貰えないままで別れてしまい損をしたなんて事にもなりがちです。そういった事態を防止する為にも弁護士等に依頼して現在資産負債含めて現在分与の対象となる財産にはどの様な物がありどの程度の額に相当するのかを詳細に調査してもらうのがまずは賢明と言えるでしょう。夫婦がそれぞれ一人になった場合はどちらかが経済的に乏しい、と言う事態にもなりがちです。だからこそ正確な財産分析で貰える財産をきちんと確保しておく事は大事なのです。

どんな形の分与があるか、その詳細は?

財産を分ける方法は大きく分けて3種類あります。まずは清算的財産分与。これは分与の中核となるもので結婚生活の期間で形成し、また維持してきた財産全てを名義が誰かに関わらず夫婦共有の物であると言う考えのもとに公平に分配すると言う方法です。この方法は離婚原因の有無を問わずに夫婦の財産を分け合うと言う考えに基づいているので、例えば片方の不貞行為が原因となった場合でもその原因となった側からの請求も認められます。2つ目は扶養的財産分与。これは離婚後に夫婦の片方が生活に困窮してしまう事態に陥ってしまう様な場合にその生計を補助する意味合いで財産が分け与えられる様な場合を指します。片方が病気等で長期において働けない、等の場合に認められる場合がありその者の生活が困らない様に一定額の金銭を定期的に支払い続けるのが一般的です。3つ目は慰謝料的財産分与。これは本来のそれとは性質が異なりますが、夫婦が別れる際には慰謝料が絡んでくる事も多くまたどちらも金銭を目的とするものですから、区別せずに同じ性質のものとみなしているのです。

最終的に相場となる額はどの位になるか?

対象となる財産が確定したら夫婦それぞれどの程度の額を分け合うかを計算する段階となりますが、一般的な相場は夫と妻それぞれ2分の1となっています。たとえどちらかのみが会社勤めで片方は専業主婦あるいは主夫であった場合にも片方は外で仕事を頑張り生計を支え、もう片方は家で家事を頑張り家計を守り続けた、と言う考えからこの様な割合になる事が一般的には多くなっています。ただし、この一般的な相場もそれぞれの家庭の事情によって変化する事は多々あります。例えば夫婦どちらかに介護が必要な両親がいて片方が義理の親の介護に積極的に協力したとか夫の実家が店を営んでいて妻がその家業の手伝いに継続して参加し続けたと言う場合には夫あるいは妻の方が、財産が多く与えられる事になります。離婚時に与えられる財産は家庭への貢献度によって決まってくるもの。一般的な相場は半分ずつですが家庭を守る為にどれだけ頑張ったかで最終的には決まるのです。